機能一覧

被リンク元ページの調査と解析が可能

被リンク先のデータを最も正確に分析できるデータ元は、現状ではGoogleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)です。
しかしGoogleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)は、ユーザーが確認できるリンク元のURLが10万件までと制限されており、正確に分析するには不十分です。

「Link Profiling」はGoogleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)と独自に連携することにより、10万件以上のすべてのURLを取得して、調査・分析いたします。

これにより、大量な被リンクを持つ大規模なサイトでも対応が可能です。

WMT自動連携機能

WMT自動連携機能

現在、被リンク元のデータで最も正確なデータソースはGoogleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)です。
本機能はGoogleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)と自動連動し、自動的にデータを連動する機能です。

この機能を利用するためにはGoogleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)のIDとパスワードを登録していただく必要があります。
IDとパスワードを登録できない場合でも、CSVファイルでのご利用は可能です。

被リンク元解析機能

被リンク元解析機能

Googleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)のデータでも正確に分析するにはデータが不足しています。
そのため、そのデータをいくら分析しても、意味がありません。

この機能は、Googleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)で認識された被リンク元をクロールし、ページ構造を解析し、解析に必要なデータを取得してデータの解析を可能にします。

被リンク元管理機能

被リンク元管理機能

Googleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)のデータはリバースエンジニアリング防止の為、すべて正確な被リンク元を取り出すことはできません。
そのため、全体を認識することは難しいのです。

この機能は、取り出したデータをデータベースに登録し、管理することで全体を把握することを実現します。

被リンク元分類機能

被リンク元分類機能

被リンク元のページを解析し管理しても、そのデータを分類してレポーティングできなければ意味がありません。
この機能は、独自のアルゴリズムで被リンク元を各Googleのガイドラインごとに分類し、以下の成果を実現します。

・被リンクの内訳を可視化。
・被リンクによるリスクの可視化。

非承認リスト管理機能

非承認リスト管理機能

非承認リストは、ペナルティーの原因になる被リンクを無効することができる唯一のツールです。
このツールを使うことでGoogleに対してリンクを無効化できるということは、ペナルティーの原因になる被リンク以外を無効化した場合、ランキングを大幅に下げる危険性があります。

この機能は分類した被リンクで、ペナルティーの原因になる被リンクをリスト化し、管理することで非承認機能を有効に使うことを可能にします。

お申し込み

お問い合わせ