リンクプロファイリングとは

被リンク元ページの調査と解析が可能

Googleは2011年11月ごろから有料リンクを貼ったウェブサイトに対してスパム認定をするアルゴリズム(ペンギンアップデート)を導入しました。
Link Profilingは被リンク元のページの調査と解析をするために開発されたサービスです。

詳しくは開発の背景を御覧ください。

開発当初はGoogleからのペナルティー解除に利用されていたサービスでした。

Googleが有料リンクを多く貼ったウェブサイトに対してペナルティー与えた背景には、被リンク数の多さは上位表示に非常に大きな要素であることが証明されます。

そのため、現在主流の上位表示手段である、優良な被リンクを得るためのコンテンツ開発やプロモーションの効果検証ツールとして利用されています。

詳しくは利用用途を御覧ください。

開発の背景

開発の背景

Googleは2011年11月ごろから有料リンクを貼ったウェブサイトに対してスパム認定をするアルゴリズム(ペンギンアップデート)を導入しました。
Link Profilingは被リンク元のページの調査と解析をするために開発されたサービスです。

一概に被リンク元ページの調査と解析といっても、Googleウェブマスターツールの機能だけでは、被リンク元のURLが提供されるだけで、そのデータの完全性も低く、この作業を行うことは難しい状況でした。
そこで、その問題を解決するために開発されたのがこのLink Profilingです。

利用用途

利用用途

被リンクの多さが検索順位に大きな影響を与えている状況に対して、被リンクを常に把握しておくことが重要である一方、日々自然と増加・減少していく被リンクを常に管理していくことは大きな負担となります。

このような状況をふまえ、弊社では3億件以上のリンク分析で得たノウハウやGoogleウェブマスターツールのリンク否認ツールの活用により、リンクペナルティの解除、望まないリンクに対するリスク管理に役立ちます。

お客様のサイトに貼られている被リンクの調査やペナルティーを受けた際の対処はもちろん、現在では優良な被リンクを得るためのコンテンツ開発やプロモーションの効果検証ツールとして利用されています。

お申し込み

お問い合わせ